お客様本位の業務運営に係る方針

フィデリティ投信は、独立系資産運用会社として、「お客様の最善の利益を常に追求する」ことを第一の企業価値と考え、ここに表明する方針に基づき、お客様本位の業務運営を実施して参りますとともに、その取組状況につきましては定期的に公表して参ります。

フィデリティの経営理念 : Building a better future

フィデリティのビジョン

私たちはお客様のより良い未来と、将来の目標達成に役立つ革新的なソリューションをご提供いたします。

フィデリティの企業価値

Integrity Integrity

誠実性誠実性私たちは従業員一人一人が常にお客様の利益を最優先に考え、行動します。

Innovation Innovation

革新性革新性私たちはお客様の将来の目標達成に役立つ、革新的なソリューションの提供を目指す努力をします。

Excellence Excellence

卓越性卓越性私たちは現状に満足することなく、日々より良いサービスの改善に努め、常に最高レベルを目指します。

1. お客様本位の業務運営に係る方針

フィデリティ投信は、「お客様の最善の利益を常に追求する」ことを第一の企業価値と考え、ここに表明する方針に基づき、お客様本位の業務運営を実施して参りますとともに、その取組状況につきましては定期的に公表して参ります。
また、これらの方針は、お客様や当社を取り巻く環境や状況の変化に応じて適時に見直して参ります。

2. お客様の最善の利益の追求

フィデリティ投信の最大の使命は、お客様の最善の利益を常に追求することです。 各役職員はそれぞれが担う業務に臨むとともに、お客様の課題解決に資することを第一に考えて参ります。
日々の業務遂行上の創意工夫に加え、業務・コンプライアンス・能力開発等各種研修を通じ、資産運用業に携わるプロフェッショナルとして高度な専門性と職業倫理の向上を図ることにより、その使命の実現に努めて参ります。

3. 利益相反の適切な管理

フィデリティ投信は、資産運用サービス・資産運用商品の設定・運用・ご提供を行うフィデリティ・インターナショナル・グループの一員です。
独立系として資産運用サービス・商品の取り扱いを専業としておりますが、その業務の遂行において、お客様と弊社(またはグループ会社)との間、お客様と弊社(またはグループ会社)職員との間等において、その利益が相反する状況(利益相反)が発生する可能性が潜在しています。利益相反にかかる規定、服務規程、倫理規定等を定め、これらの利益相反を把握し、未然に防止すべく管理し、もってお客様の利益を最優先する業務運営を実施して参ります。

フィデリティ スチュワードシップ・コード

フィデリティ 信託財産の一括注文pdf(114k)

フィデリティ 議決権行使の原則

4. 商品開発・品質の向上

フィデリティ投信は、お客様のさまざまな商品・運用ニーズ等の情報を収集し、調査・分析を実施し、その解決の一助となる商品・サービスのご提供に努めて参ります。
お客様の有用な判断に資するために、ご提供する商品・サービスがどのようなニーズとリスク許容度のお客様に適した商品であるか等の情報を発信し、また営業活動の判断に資するため、販売会社各社と共有して参ります。

5. お客様へのサービスの向上/情報の分かりやすい提供

フィデリティ投信では、お客様への情報発信を積極的に行っております。
投資初心者の方にも容易にご理解いただけるよう、投資信託の仕組み、各種制度の概要から、商品の特性、リスク等の説明・解説、また報酬や手数料・費用等がどのようなサービスの対価であるかについて等、分かりやすい説明に努めて参ります。

6. 資産運用に関する啓蒙活動

フィデリティ投信は、フィデリティ退職・投資教育研究所の活用など、定期的かつ大規模なアンケート調査の実施及び結果の公開、各種メディア・セミナー・ウェブサイト等を通じて資産運用に係る啓蒙活動を行っております。 資産運用及び関連する制度等についてお客様のご理解の一助となるべく、広くかつ積極的に情報の提供を行って参ります。

フィデリティ資産運用ナビ

確定拠出年金制度について

7. 従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

業績評価、能力開発においても本方針に沿った取組みを反映して参ります。
定期的に実施する顧客満足度調査やカスタマーサービスなどを通じて得られたお客様の声は、業務目標としてサービス向上施策に反映するよう取り組んで参ります。
適切なガバナンス体制を整備するため、不正な行為や事務過誤、またお客様からの苦情等、お客様の利益を損なうおそれがある事象すべてについて、管理者への報告を義務付けています。また、管理者によるモニタリングや定期的な従業員研修を実施しています。