Home > フィデリティとは > 日本における歩み

日本における歩み

フィデリティは、日本においては、1969年に調査拠点として事務所を開設し、外資系運用会社では初めて日本に進出を果たしました。以来40年以上、一貫して綿密な個別企業調査とそれに基づいた運用を続けてきました。1995年には、証券投資信託委託業務免許を取得し、フィデリティ投信株式会社は、念願の国内向け投資信託の運用を開始しました。現在では、フィデリティ投信株式会社は、日本株の調査・運用拠点として、海外顧客の日本株運用、日本の年金基金や機関投資家資金の運用、投資信託の設定・運用を手がけ、 約160社の金融機関を通じて、日本の投資家の皆様に投資信託をご提供しています。また、1998年にはフィデリティ証券会社東京支店(現:フィデリティ証券株式会社)が投資信託の販売活動を開始しました。

※2011年12月末現在  



沿革
1969年 初の海外拠点として東京事務所を開設。外資系運用会社として初の日本進出。
1986年 東京にフィデリティ投資顧問株式会社を設立し、日本の機関投資家のための運用業務を開始。
1987年 フィデリティ投資顧問株式会社が、投資一任業務許可を取得。
1990年 フィデリティ投資顧問株式会社が、日本における年金運用業務を開始。
1995年 フィデリティ投資顧問株式会社が証券投資信託委託業務免許を取得し、フィデリティ投信株式会社に商号変更。
同年、フィデリティ投信株式会社が、国内投資信託第1号として「フィデリティ・ジャパン・オープン」を設定し、証券会社チャネルより販売開始。
1997年 フィデリティ・ブローカレッジ・サービシズ(ジャパン)・エル・エル・シー(フィデリティ証券会社)証券業免許取得、フィデリティ証券会社東京支店設置し、営業を開始。
1998年 フィデリティ証券会社が投資信託の販売を開始。
フィデリティ投信株式会社が銀行・保険会社チャネルで投資信託の窓口販売を開始。
1999年 日本における活動が30周年を迎える。
「フィデリティ・ジャパン・オープン」が国内追加型株式投資信託における純資産総額で最大額を達成
*1
2000年 フィデリティ投信株式会社 大阪営業所 開設。
2001年 フィデリティ投信株式会社 取扱販売会社数が100社を超える。
2002年 フィデリティ投信株式会社 郵便局における個人型確定拠出年金へ商品提供を開始。
2002年 フィデリティ証券会社 変額個人年金保険の募集取扱開始。
2002年 フィデリティ証券会社 外国投資信託の販売取扱開始。
2003年 フィデリティ投信株式会社 国内顧客の運用資産残高が2兆円を突破。
2004年 フィデリティ投信が運用する公募投信の純資産総額が1兆円を突破。
「フィデリティ・日本成長株・ファンド」が日本株式の投資信託における純資産総額で最大額を達成
*2
2004年 フィデリティ証券会社東京支店よりフィデリティ証券株式会社へ営業の全部譲渡。
フィデリティ証券株式会社は、国内証券会社として営業を開始。
2007年 フィデリティ投信株式会社が、フィデリティ退職・投資教育研究所 設立。
フィデリティ投信株式会社 福岡営業所 開設。
2007年 フィデリティ証券株式会社 フィデリティ・ダイレクト、取り扱いファンド100本達成。
2007年 フィデリティ証券株式会社 株取引サービスを開始。
2009年 日本における業務開始から40周年を迎える。  
2010年 大阪営業所が開設10周年を迎える。

*1 モーニングスター社調べによるものです。過去一定期間の実績であり現時点・将来の実績を保証・示唆するものではありません。
*2 投資信託協会の調べによるものです。過去一定期間の実績であり現時点・将来の実績を保証・示唆するものではありません。
FIL Limitedの歴史
 ©  フィデリティ投信株式会社 All Rights Reserved. > 投資信託および当サイトに関する注意事項
こちらを必ずお読みください。