資産運用をはじめましょう

退職時に向けて、できるだけ早く資金の準備をはじめましょう。

働き盛りの年代では、「退職後のことなんて、まだまだ先の話」と思う人は少なくありません。しかし、教育費や家のローン等の出費にメドがつき、ようやく退職後の生活設計を考えたら、実はお金が足りなかった!ということでは困ってしまいます。退職後の生活資金のことも早いうちから視野に入れ、資金計画を立てることをおすすめします。

退職後に向けた資金計画の特徴は、使いはじめるまでにとても長い年月があるということです。「老後はまだ先」だからこそ、早めに資金準備をスタートすれば、将来の計画に余裕ができるのです。たとえ少額でも、できるだけ早く準備をはじめることが大切です。

早くスタートすると、どれだけの差がつくか試してみましょう。
何年か後に積み立てをはじめるとしたら、目標金額に達するために毎年どのくらい積み立てる必要があるでしょうか?それは今すぐ積み立てをはじめた場合と比べてどのくらい多くなるでしょうか?計算ツールを使ってシミュレーションをしてみましょう。