退職後の生活資金

退職後の生活を具体的に考えてみましょう。

退職後の生活を楽しくゆとりあるものにするためには、どのくらいの資金が必要でしょうか?生命保険文化センターが平成25年に実施したアンケートによると、退職後にゆとりある生活を送るために必要なお金は、平均月々35.4万円でした。1年で424.8万円、30年で約1億2700万円必要という計算になります。

あなたは必要な資金を準備できますか?

退職後の生活を具体的に考えた場合、あなたに必要な資金はどのくらいでしょうか。現在の収入や支出、資産や負債、今後の見通しについて、以下のように具体的に考えてみましょう。

  • ・貯蓄は全部でいくらありますか?
  • ・毎月いくら貯蓄していますか?
  • ・現在の収入はいくらありますか?
  • ・今後の年収の見通しは?
  • ・現在の毎月の生活費はいくらですか?
  • ・住宅ローン等の負債はありますか?
  • ・子どもの教育費はどのくらい必要になりますか?
  • ・退職金や年金はいくらぐらいもらえますか?

退職時、あなたの資産はいくらになっているでしょうか。

あなたの場合、どのくらいの資金が足りないか、どのように補えばよいかを考えてみてください。退職後のゆとりある生活のためには、早くから計画を立て、少しずつでも貯えていくことが大切です。