確定拠出年金制度について

確定拠出年金制度では、掛け金を自分の判断で運用します。そのしくみについて解説します。

自分自身で運用する年金制度

確定拠出年金制度は、加入者自身が掛け金等を運用し、その結果に応じた金額を受け取ることができる年金制度です。企業が掛け金を払う「企業型」と、個人が払う「個人型」の2つがあります。

確定拠出年金制度のしくみ
企業型・個人型→掛け金を拠出→各個人の確定拠出年金口座 掛け金→加入者:自分自身の判断で運用→各個人の確定拠出年金口座 年金資金(掛け金+運用収益)→受け取り 60歳以降受け取り
  • ・会社または個人が毎月掛け金を支払い、個人別の確定拠出年金口座で積み立てます。
  • ・掛け金をどの運用商品へ配分するかは、個人が自分自身の判断で決定します。
  • ・原則として60歳以降に受け取りを開始します。
  • ・将来受け取る金額は、資産運用の結果によって一人ひとり違ってきます。

確定拠出年金制度とは?

確定拠出年金には、企業型年金と個人型年金の2種類があります。それぞれのしくみと従来の年金制度との関係について解説します。

誰が加入できるの?

企業型年金には、お勤め先が企業型年金を導入している場合に加入することができます。個人型年金は、基本的にすべての方が加入できます。
あなたが企業型と個人型のどちらに加入できるか見てみましょう。

加入条件

どんなメリットがあるの?

自分自身で資産を運営できるうえ、税制面でも優遇されます。さまざまなメリットをご紹介します。

主なメリット

確定拠出年金Q&A

確定拠出年金制度全般に関するよくあるご質問にお答えします。

確定拠出年金Q&A