このサイトは音が流れます。スピーカーなどの音声にご注意ください。

音声つきで再生する
音声なしで再生する
米国ハイ・イールド債券 skip

1970年代に生まれ、

今や、米国経済を支える市場のひとつと言われるまでに拡大した米国ハイ・イールド債券市場。

その魅力は相対的に高い金利収入。

これを味方につけた、値下がりに強い着実に積み上げる運用を目指す。

あらためて伝えたい、米国ハイ・イールド債券投資の魅力

  1. Point1 強い米国経済を支える、その役割 Click
  2. Point2 金利収入を味方に着実に積み上げる運用を Click
  3. Point3 フィデリティのファンドを選ぶ理由 Click
  • Point1 強い米国経済を支える、その役割

    30年以上の歴史を持つ米国ハイ・イールド債券市場は、米国企業の資金調達の重要な場として拡大を続けています。現在では1,000社を超える多種多様な企業がハイ・イールド債券を発行する厚みのある、米国経済を支える市場へと発展しています。

    詳しい説明はこちら
    戻る
  • Point2 金利収入を味方に着実に積み上げる運用を

    ハイ・イールド債券投資の魅力のひとつである高い金利収入には、値下がりに強い「クッション」の効果が期待できます。また、それを長期に積み上げることで、より安定した運用効果が期待できるようになります。

    詳しい説明はこちら
    戻る
  • Point3 フィデリティのファンドを選ぶ理由

    長期の運用実績と、徹底的な銘柄調査を可能にする運用力です。

    詳しい説明はこちら
    戻る

フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド/フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド (資産成長型) R&Iファンド大賞2017 
投資信託 ハイイールド債券部門 優秀ファンド賞

フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド(5:08)

 

ポートフォリオ・マネージャーが語る!
トランプ政権、政策金利と米国ハイ・イールド債券(7:52)

オープニングを再生する

「R&Iファンド大賞」は、R&I等が信頼し得ると判断した過去のデータに基づく参考情報(ただし、その正確性及び完全性につきR&I等が保証するものではありません)の提供を目的としており、特定商品の購入、売却、保有を推奨、又は将来のパフォーマンスを保証するものではありません。当大賞は、信用格付業ではなく、金融商品取引業等に関する内閣府令第299条第1項第28号に規定されるその他業務(信用格付業以外の業務であり、かつ、関連業務以外の業務)です。当該業務に関しては、信用格付行為に不当な影響を及ぼさないための措置が法令上要請されています。当大賞に関する著作権等の知的財産権その他一切の権利はR&I等に帰属しており、無断複製・転載等を禁じます。