分配金について

分配金の額はどのようにして決まるのですか? たとえば基準価額が13,000円であれば、3,000円の分配金が出るのですか?
分配金の額については、各ファンドの分配方針に基づき、決算時点での市況動向、基準価額の水準などを総合的に判断して決められています。ファンドは必ずしも分配を行うというわけではなく、また、10,000円を超過した部分が分配金となるわけでもありません。
なぜ、分配金を支払わないファンドがあるのですか?
分配金の支払いについては、各ファンドの分配方針に基づき、決算時点での市況動向、基準価額の水準などを総合的に判断して決定しています。フィデリティでは基本的に、株式に投資し長期的な信託財産の成長を目指すファンドについては、分配を大量に払い出すよりも、投資を続け、信託財産の成長を最大限に目指すことが「お客さまの利益を最優先する」ことになると考えております。以下がその理由です。
株式ファンドで分配金の支払いを行うためには、保有株式を売却して現金化する必要があります。さらに、お支払いした分配金を再投資していただく場合には、売却した証券と同じ証券を再び買い戻すことになります。このように売買が増えると、取引コストが増大し、パフォーマンスの低下につながりかねません。こうした結果を極力避けるためにも、フィデリティでは分配金の支払いについては慎重に考えております。
分配金をもらうには、いつまでにファンドを買えばいいのですか?
決算日の前営業日までに約定していただいたファンドについて、分配金をお受け取りになることができます。
分配金をもらうのに、投資期間は関係するのですか?
投資期間にかかわらず、一口当たり同額の分配金を受け取ることができます。