• HOME
  •  > 用語集 あ行

用語集 あ行

アクティブ運用
ポートフォリオの運用戦略のひとつ。TOPIXや日経平均などベンチマークの値動きに連動するのではなく、それを上回るリターンの獲得を狙うもの。ファンド・マネージャーが独自の調査・分析力や見通しを駆使して運用を行うため、高度な洞察力が必要とされる。

⇔ パッシブ運用
アセット・アロケーション
資産配分。資産(アセット)を株式債券、短期金融商品など、異なる性格の金融商品に配分(アロケーション)すること。
アナリスト
企業の調査や分析等を行なう担当者のこと。
アンダーウェイト
ファンドの資産配分を決定する際に、ある投資対象への投資比率を、ベンチマークなどの基準に対して低くすること。

⇔ オーバーウェイト
一般コース
決算期ごとに、その都度ファンドの収益分配金を受取るコースのこと。
インカム・ゲイン
利息や配当による収入。具体的には、株式の現金配当、債券・預金などの受取利息、ファンドの収益分配金、コールローンなどの利息による収入のこと。

キャピタル・ゲイン
インデックス運用
日経平均株価やTOPIXといった、市場の動きを表す指標の値動きに連動する運用成果を目標とする運用戦略。

アクティブ運用
運営管理機関
確定拠出年金制度の運営・管理を担当する機関。具体的には、(1)加入者からの運用指図のとりまとめ、(2)加入者の個人口座の記録、管理等(レコード・キーピング)、(3)運用商品の提示、(4)運用商品に関する情報の提供、(5)年金の給付事務、などを行う。
運用報告書
ファンドの決算および償還時に、運用経過、運用実績、組み入れ資産の内容、資産の売買状況、ポートフォリオ・マネージャーのコメントなど記載したもの。販売会社を通じて、ファンドを保有している全投資家に交付される。
エマージング市場/エマージング・マーケット
新興国市場。中南米、東南アジア、東欧など、現在経済等が発展中の新興諸国のことをいう。先進国市場に比べ、リスクリターンが高いとされる。
大型株
発行済株式数が相対的に大きい企業の株式のこと。
東京証券取引所の公表する規模別株価指数では、上場株式数別に、以下の分類となっている。
  • 1) 大型株:東京証券取引所市場第一部銘柄(国内普通株式)の中から時価総額と流動性の高い上位100銘柄
  • 2) 中型株:上記大型株に続く上位400銘柄
  • 3) 小型株:上記大型株・中型株のいずれにも含まれない銘柄
オーバーウェイト
ファンドの資産配分を決定する際に、ある投資対象への投資比率を、ベンチマークなどの基準に対して高くすること。

アンダーウェイト
オープン型投資信託
投資信託の存続期間の間、原則としていつでも購入・換金が出来る投資信託。追加型投資信託とも呼ばれている。