年齢に応じた
資産配分のポイントとは?

  • いま考える
  • まだ考えない
そういえば・・・
俺っていくつなんだ?
考えない人 © Panda's ana

年齢に応じた資産配分のポイント。それは、これから投資を続けられる期間の長さを考慮して配分を行うことにあります。たとえばまだ若い世代の方なら、この先長期の運用が可能ですし、また収入も増加していくことが期待できるため、株式など、比較的リスクの大きい資産の配分を高めた運用が可能と考えられます。

  • もっと考える
  • もう考えない
年をとっても、
守りに入るのはキライだ。
考えない人 © Panda's ana

その通りです。しかし年齢を重ねるとともに、そこから運用できる期間はだんだんと短くなっていきます。たとえば50歳の時点で考えると、運用してきた資産には成長していることが期待できますが、所得はピークを迎えているかもしれません。そこで退職までの時間がまだあるとはいえ、より守りを意識し、債券などリスクが比較的小さい資産への配分を増やしていきます。

  • もっと考える
  • もう考えない
そもそも債券が何か、
よくわからない・・・
考えない人 © Panda's ana

こうして退職時期を迎える頃には、保有資産が大きくなっていることが期待できますが、今後得られる所得は限られます。そこでここからは大きな損失を避けた、より安定的な運用を行う必要が高まるので、さらにリスクを抑えた資産配分に変化させるのです。

  • もっと考える
  • もう考えない
聞けば聞くほど、
いろいろ自分で考えるのが
面倒だ・・・
考えない人 © Panda's ana

今はまだ、難しく感じるかも知れません。ですが将来これが実践できるように、徐々に資産運用を学んでいけばいいのです。また、今回ご紹介した「運用期間にあわせた資産配分の変更」を、自動的に行ってくれる投資商品もあるので、それについてはまた、次回に詳しくご紹介いたします。

  • もっと考える
  • もう考えない