確定拠出年金の
メリットってなに?

  • いま考える
  • まだ考えない
そもそも
確定拠出年金って
なんだっけ。
考えない人 © Panda's ana

確定拠出年金(DC)とは、加入者の退職後の暮らしのための資産を育てる年金制度。この制度には「長い時間をかけて、大切な年金資産を育てる」ためのメリットがたくさんあります。

  • もっと考える
  • もう考えない
何も考えなくていい。
っていうメリットが
あればいいのに。
考えない人 © Panda's ana

DCのメリットの1つは、DC口座に入るお金は所得とみなされない(所得税と住民税がかからない)こと。例えば、毎月2万円の掛け金を25歳~65歳までDC口座に拠出した場合と、仮にお給料として受け取った場合で比べてみましょう。(所得税10%、住民税10%とした場合)この場合では、40年間で192万円もの差が出てきます。

  • もっと考える
  • もう考えない
非課税ってことは・・・
やっぱり何も考えなくて
いいんでしょ?
考えない人 © Panda's ana

次のメリットは、資金保全
万一、勤務先の会社が倒産してしまった場合でも、あなたのDC資産は守られます。

  • もっと考える
  • もう考えない
そんな時のことは、
その時になってから考えよう。
考えない人 © Panda's ana

3つ目のDCのメリットは、ポータビリティ(移換が可能であること)。DCなら、転職する場合は、転職先のDC制度※に、離職(独立)する場合は個人型のDC制度に、自分の年金資産を持って行くことができるのです。

※転職先にDC制度がなく、他の企業年金がある場合は、これまでの積立金の運用指図のみを行う運用指図者になることができます。
また、DC制度も他の企業年金もない場合は、個人型のDCに加入するか、運用指図者になることができます。

  • もっと考える
  • もう考えない
転職するなら・・・
次はどんな仕事がいいかな。
考えない人 © Panda's ana

4つ目のメリットは、自分の判断で運用できる点。DCに加入していて、DCを知っていると回答された20代、30代の方々約1,500名※に伺ったアンケートの結果では、両世代ともにこの点を1番のメリットと評価しています。自分の年金資産を自分の判断で運用するDC。もしあなたが加入者なら、メリットがたくさんのこの制度を、活用しない手はないのでは?

(注)フィデリティ退職・投資教育研究所、勤労者3万人アンケート、2014年4月。集計対象者は、20代、30代の企業型のDC制度加入者で、「DCを知っている」と回答した男女、計1,495名。

  • もっと考える
  • もう考えない