ターゲット・デート・ファンドの
活用法は?

  • いま考える
  • まだ考えない
そもそもターゲット・デート
の意味が分からない。
考えない人 © Panda's ana

前回ご紹介した「運用期間にあわせて資産配分を自動的に変更して運用するファンド」。それが、ターゲット・デート・ファンドです。長期の投資を前提とした複数の投資対象への分散投資、リバランスなどの適切な維持・管理、さらに残りの投資期間に応じた、積極運用から安定運用への資産配分の変更まで、ファンドが自動的に行います。

  • もっと考える
  • もう考えない
ターゲット・デート・・・
狙いの日?
考えない人 © Panda's ana

その違いは「運用期間にあわせて資産配分を自動的に変更して運用する」という機能。この機能はターゲット・デート・ファンドだけに組み込まれています。具体的には、下の図のように、運用期間がまだ長いうちは株式などリスクの高い資産の比率を高めた積極的な運用を行い、投資期間が短くなるのにあわせて資産配分を適宜見直し、投資最終年にむけて、債券の比率を高めた安定運用にシフトする。といった、残りの投資期間に応じた資産配分をファンドが自動で行うのです。

  • もっと考える
  • もう考えない
自動なら・・・
考えなくてもいんでしょ?
考えない人 © Panda's ana

はい、ターゲット・デート・ファンドは、投資初心者や、忙しい現役世代の方々に、退職後のための資産形成などの長期の資産運用を提供する投資信託なのです。ターゲット・デート・ファンドは、米国の確定拠出年金制度(DC制度)でも若い加入者を中心に急速に普及しています。

  • もっと考える
  • もう考えない
やっぱり、
考えなくてもいいんじゃん。
考えない人 © Panda's ana

「そうなんです!」と言いたいところですが、やはり市場は生き物です。皆様の将来のために大切な資産のことですから、ターゲット・デート・ファンドで運用する場合でも、定期的な運用状況のチェックは欠かさず行ってくださいね。

  • もっと考える
  • もう考えない
いつか考えたくなったら、
バックナンバーを見よう。
考えない人 © Panda's ana

長い間お付き合いいただいたこのシリーズも、この12回目でいったん最終回です。
これまでいろいろなお話しをさせていただきましたが、
それらが皆様の資産形成のヒントとしてお役に立てば幸いです。

これからの人生に、「豊かさ」と「楽しさ」を、上手に両立していくために。
大切な資産運用のこと、ぜひこれからも考えてみてください。

  • もっと考える
  • もう考えない